プロフィール
I-blocks
I-blocksの代表であり、ライター・編集・MAC-DTP等とあれこれ動く、個人事業主のはしくれながら、夢はでっかく「札幌の小学生子育てを応援する!」ための情報発信をすべく、足りない脳みそと重たい体をフルマックスで稼働させてます。

趣味は「カメラ」「音楽鑑賞」「プロ野球観戦」「公園散策」、
2児の母親でもあります。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2010年08月02日

人の振り見て我が身を正す

1年前
近所に手作りパンやさんができました。
建築中も「何ができるんだろう?」とご近所さんとお話になり
OPEN当初もテレビでも取り上げられたこともあり
しばらくは、パンが追いつけないほどの集客ぶりでした。

1年がすぎた今
OPEN当初の大混雑はありませんが
平日でも人足が途切れる事は少なく、
週末も駐車場がほぼいっぱいになる人気です。


そして比較的最近
近所に喫茶店ができました。
「どんな喫茶店だろう?」と通りがかりに思っていましたが
気がつけば、店を閉めていました。
開店から閉店まで、1ヶ月くらいしか経っていません。
しかし、この喫茶店は店を閉めました。


決定的な違いは「駐車台数」くらいですが
場所的にはあまり大差はありません。
どちらも車の通りもある道路に面していますし
住宅地でもあります。
さらに、喫茶店は動物病院や10世帯ほどが住むマンションが隣接
そう考えると、立地が悪いとは思えませんでした。


なら、この差は何だろう?と考えてみました。

経営的な部分は解りませんし
喫茶店は入る前に閉店しましたから、
店内の様子は外から見た程度しかわかりません。
しかしお客さんとして考えると
パン屋さんは清潔感や明るさ、
何より、こだわりがしっかりとありましたから
「行ってみよう!」と思った瞬間、お店に入りました。
対して、喫茶店は店構えにも魅力はなく
探検気分にでもならない限り、足を運ぶ事はなかったでしょう。

そしてもうひとつ、
心意気という部分も大きな違いと感じました。
パン屋さんは、小麦粉の産地を伝えるだけでなく
その産地でお店を開きたいという気持ちがあった事
それを達成できた喜びと今後も精進する姿勢が
普通にお客さんで来ている私にも伝わりました。
対する喫茶店は、開店時間中にお店の前を通った程度とはいえ
接客をする身だしなみすらできていませんでした。

もし私があの場所で喫茶店をするならば…
そう考えることもありますが
この比較を私自身の今に当てはめてみると
心意気はあったとしても、それを伝えきれていないし
伝えるものも確立できていない…

まだまだ、これからだ…

そう思うのでした。

同じカテゴリー(その他、お仕事)の記事
ブクブク交換
ブクブク交換(2010-11-22 14:51)

戦略
戦略(2010-07-20 15:42)

小さなハードル
小さなハードル(2010-07-14 17:14)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。